清野優美

記事一覧(44)

っということで…笑

教習所の話し、ここまで長くて分割する内容じゃないのにごめんなさいね 笑さて、いよいよ卒業検定免許を取得できるか否かの最終試験。上手くやろうとも思わないし緊張もし過ぎない今 自分が出来る運転で やるしかない。と言う感じだった。結果 ほとんど褒められた事のない私に「なかなかよかったですよ、合格です」の一言をもらった(もちろん他にも色々と注意点ももらったけど 笑)まぁ〜〜ホッとした!もう全身からホッとして色んな先祖から肩にやったね、と手を置かれた気がした←言ってる事が怖すぎる 笑あとは、このあと東京都内の免許センターで学科の試験に合格すれば そこでやっと免許がもらえる。でもとりあえず、この技能を合格した時の安堵感が凄かったよね〜。学科は高校卒業以来勉強していない頭に入ってこなすぎて自信なかったけど、前日詰め込み型で勉強して試験場へ。95問中90問で合格、試験問題はやっぱり悩むところが何個かあって…結果が不安でしかなかった。結果発表は試験場のスクリーンに自分の番号がでれば合格、なければ不合格。ドキドキの結果発表…最初 自分の番号以外の人の番号ばかり目に入ってきて…自分の番号がすぐ探せなかった。 けど…あった… 息を飲んで泣きそうになった多分 もっと若ければそこまで一喜一憂しないんだろうけど、車の運転が私にとってはとてもチャレンジだったし、不安も多かったからこの合格は嬉しかった、、泣晴れてその日に免許証も交付されてルンルンるんるんルンルン♩で帰りました!笑家族にも驚かれたストレート合格!とにかく自慢したし、褒めてもらって大満足です 笑!さてここからは、車の購入です 笑まず車がありません早く買わなきゃ運転が鈍りそうで怖いかっこいいな〜って思う見た目じゃなく今回は下手くそな素人さんも乗れる安心安全の自動ブレーキとか、バックモニターやらなんやら付いてるやつにしたいと思います 笑長々とお付き合いありがとうございました!

つづき

で、この歳で自動車教習所に通うことになった。という、つづき。最初の漠然とした楽しみから一転学科の勉強は…凝り固まった脳みそに突き返されるは…運転練習が始まったが、へったくそだわ。最初の頃の撃沈たらなかった。なんせやたら縁石に乗り上げる。笑車幅を理解して!後ろの車輪の位置はどこ?! っと、言われても…左側は自分の所から見えないし、後ろの車輪の位置だってなんとなく理解していても実際は見えないし わからない。S字を通るやつ、あれ、泣きそうになるくらい通れなくて絶望感さえ感じた。左折のタイミング、わからない。駐車、できない。最初の所内の中の技能は毎日 こんなんで肩凝りと首痛と緊張し過ぎて筋肉が先に泣いていたっけ。。でも、仮免試験の時から少しずつ変わった。多分受からないだろうと思った仮免が受かった時の喜びが、どんどん運転したい!って言う気持ちにさせてくれて…そこからの 路上運転は、緊張の中にも楽しさが芽生えてきた。そこからも、まぁ〜運転むいてないかも…とか、センスないかも…。と、いろいろ思うことはあったけど最後の卒検(卒業検定)まで来てしまった。唯一の息抜きはやっぱり美味しいものを食べに行ってモチベーションを維持すること 笑